ハムスターケージのタイプ別メリットデメリット

・金網タイプ

メリット

安くて種類が豊富、通気性が良く湿気や匂いがこもりません。
軽量なものが多いので、掃除の時など持ち運びやすい。
給水器や回し車などが取り外ししやすい。

デメリット

金網部分をかじって、歯や口周りの健康トラブルになる。
金網をよじ登ったり、天井でうんてい運動をするうちに落下事故が起きたりする。
金網の隙間に足が挟まって骨折する。

金網タイプは、危険やトラブルが多いケージといえます。
安全第一に考えるのであれば、避けた方が良いです。





・水槽タイプ

メリット

中の様子がよく見えるため、観察しやすい。
ケージをかじる心配がなく、外の音が遮られて防音できます。
保温性もあるので寒い冬でも暖かく安心。

デメリット

天井の素材によっては通気性が悪く、湿気や匂い、夏は熱がこもってしまう。
給水器や回し車の着脱がしにくい、お世話のときにケージの上部から手を入れなければいけないため、ハムスターが怖がってしまう。
こまめな掃除が必要。




・プラスチックタイプ

メリット

プラスチックタイプは安くて種類が豊富で、軽くて持ち運びやすい。
音が遮られるので、ハムスターは静かに過ごすことができる。
保温性があるため、冬でも暖かく、床材や壁材によっては通気性も良い


デメリット

サイズが小さいものが多いため、ハムスターにとって十分な運動量を補えない。
パーツを分解して掃除する必要あり。
2階部分やトンネルから落下する危険性がある。
大前提となる広さと安全性がクリアできないものが多い。



・衣装ケース

メリット

軽量で持ち運びやすく、掃除も楽。
ハムスターにとっても、外の音が遮られるため、静かに過ごす環境が整う。
保温性があるので冬も安心。


デメリット

通気性が悪いこと→蓋をくり抜いて通気性抜群!

半透明で中の様子が確認しずらい→のぞき窓(塩ビパネル)を張り付けて丸見え!しかも開閉式!

内側の凹凸部分をかじる可能性がある→凸凹のないケースを使用、齧る場所なし!



というかんじで
衣装ケースのもつメリットを生かしつつ
デメリットをなくしたものが私のケージになります。

よろしくおねがいします



この記事へのコメント