ケージで暴れるのにストレスが見当たらないケース

脱走を試みるハムちゃんは大体ストレス溜めてまして、それを逃れるために外に出ようとします。
1番最初に直面するのはケージの狭さによるストレスだと思います。いいケースがあまり売ってないからです。
店員は売らないといけないので、ケージのネガティブな部分は話しません。
今でも覚えてますが、キンクマを初めて飼った時、ハムポッドを勧められそのまま購入してしまったことです。
すぐに売ることになってしまいました。
キンクマと言うかゴールデンはハムスターの中でも特に縄張り意識が強く、一定のスペースが絶対に必要です。。。

今考えるとありえないと言うか、勿体無かったです。すぐにガジガジ始めました。出してくれと言う合図です。人間でいう畳二畳の部屋を用意された感覚です。

さて、他にもハムスターはたくさんストレス感じてます。異変を感じたら気にしてみてください。


1、温度管理。25度です。夏場これを超えると暑くて逃げ出そうと脱走を始めます。冬は15度を下回ると冬眠する恐れがあり(そのまま死ぬことがあります)温度管理は大切です


2、食べ物や水。十分に与えてください、フルーツや野菜なども大好きです。食べ物に不満があると脱走を試みます


3、夜を作る。ハムスターは夜行性で昼は基本寝てます。夜になって活動の時間に明るいと活発な行動が出来ずストレスが溜まります


4、強い匂い。タバコや香水の強い匂いは苦手です。飼い主も匂いで覚えてます


5、大きな音。テレビやオーディオの横での飼育は音のストレスか貯まります。また寝てる時に邪魔されるのも苦手です



そしてこれのどこにも当てはまらない場合、

おそらく発情期です。

これはそっとしてあげましょう。



28E43300-AC23-4F49-92FC-477BAE2E7777.jpg

この記事へのコメント